固まったはちみつは食べられる?結晶化したはちみつの溶かし方とおいしい食べ方

その他

皆さんははちみつを使おうと思った時に白く固まっていた経験はありませんか?

保管場所がわからずとりあえず冷蔵庫に入れていたらカチカチなんてこともしばしば。

「白くなったはちみつは食べれるの?」という悩みもありますよね。

今回ははちみつが固まった時の対処法栄養を逃さない溶かし方を養蜂家に教えてもらいましたので紹介したいと思います。

乳児ボツリヌス症にかかる危険があるので1歳未満のお子様にははちみつを与えないでください

固まったはちみつは食べられるの?

とろりとしていたはちみつがしばらく冷蔵庫に入れいているだけで白くなっていると「腐ってしまった?」「カビが生えたかな?」と驚いてしまいますよね。

ヨーグルトに入れようと思ってたのに~

安心してください。

はちみつが白くなっているのは結晶化しているだけで適切に保存されていれば品質には何の問題もありません。

はちみつが固まる理由

はちみつが固まってしまう現象を「結晶化」といいます。

結晶化の原因は主に糖分の性質と温度の変化です。

温度での結晶化

はちみつは15~16℃以下の温度になると徐々に結晶化してしまいます。

一般的に約14~16℃が最も結晶化しやすい温度帯となります。

温度が低ければ低いほど結晶化しそうですがマイナス18℃以下になると結晶化しなくなるという特徴があります。

種類によって固まりやすさが違う

はちみつは主に果糖とブドウ糖でできているため、種類によって固まりやすさが違います。

固まりやすいはちみつ菜の花、そば、レンゲ
固まりにくいはちみつアカシア、トチ、栗

表のように果糖が多く含まれるはちみつは固まりにくいとされています。

振動でも結晶化

はちみつの中に含まれる空気に振動が伝わることでも結晶化が進んでしまいます。

そのためはちみつを振ったり冷蔵庫など振動が伝わりやすいものの上に保管しておくと結晶化が進みやすくなってしまいます。

固まったはちみつの溶かし方

固まった状態でも食べることは可能ですがそのままでは使いにくいですよね。

そこで固まったはちみつをさらさらに戻す方法を紹介したいと思います。

はちみつを溶かす時はゆっくり低温で

はちみつにはビタミンB1、B2、ミネラル、酵素など豊富な栄養素が含まれています。

はちみつの酵素は50℃で活動が損なわれていき、栄養素も60℃以上で影響が出てしまいます。

ビタミンや酵素などは、長時間の加熱や、60度以上の高温に弱いので、加熱している最中に入れず、冷めてから入れるなど、工夫をしましょう。

Medicalookより引用

電子レンジや沸騰したお湯で溶かす方法もたくさん紹介されていますがせっかくのはちみつの栄養が低下してしまうのであまりお勧めいたしません。

栄養を失わないまま溶かすには50℃以下の温度でゆっくり溶かすことがポイントとなります。

そこで低温で溶かす方法を3つ紹介したいと思います。

低温調理機(ヨーグルト-メーカー)で溶かす

低温調理機は簡単にしっかりと温度管理ができるのではちみつを溶かす際にもおすすめです。

溶かす手順も放置しておくだけなのでとっても簡単です。

低温調理機での溶かし方
  • 低温調理機を45℃5時間にセットする
  • はちみつの蓋をしっかりしめてお湯につけて5時間放置(はちみつの量によって変わります)
  • 5時間で溶け切らなかった場合は取り出してスプーンでかき混ぜて追加で1時間温めてください

この方法で実際に溶かしていきます。

温度管理は自動でしてくれるのであとはひたすら待つだけです。

はちみつは完全に沈めてOK

水が入らないようにはちみつの蓋はしっかり閉めてください。

少量であれば2時間程度で溶かしきれます

5時間放置するとしっかり固まってしまったはちみつもキレイにさらさらに戻すことができました。

全体がしっかり固まっていたはちみつ

5時間でしっかりとろとろになりました

お風呂の湯船で溶かす

お風呂のお湯は40~42℃程度とはちみつを溶かすには適温ですので、きれいにはちみつを溶かすことができます。

低温調理機での溶かし方と同じでしっかりと蓋を閉めてお風呂に入れておくだけでOKです

こちらも3~5時間程度で溶かすことができます。

どこの家庭でも簡単にできるのでおすすめの方法です。

直接湯船に入れることが気になる場合は瓶をジップロックなどに入れてください

ホッカイロを使う

お風呂で溶かすのは面倒だったりお風呂にはちみつを入れることへ抵抗感がある方にはホッカイロを使う方法をお勧めします。

ホッカイロは温度が40~41℃で保温性にも優れているのではちみつを溶かすことにも適しています。

  1. はちみつに薄手のタオルを1枚巻きつけます
  2. その上に使い捨てホッカイロを巻き付けます
  3. さらにその上から厚手のタオルを巻きつけます
  4. 半日ほどおいておきます。途中で上下逆さまにすると均等に溶けやすいです。

手順もタオルとホッカイロを巻き付けて放置しておくだけなのでとても簡単です。

カイロは450g程度で1枚、1kgなら2枚使用してください。

最近は高温タイプのホッカイロも発売されているので注意してください。

はちみつの保存場所

はちみつが固まってしまった場合はこれらの方法で溶かすことができますがそもそも固まらないように保存したいところです。

冷蔵で保存すると結晶化してしまうので常温で直射日光を避けられるところに保存することで結晶化を避けることができます。

はちみつは糖度が80%と非常に高く酸性の食材でもあるため純度の高いはちみつであれば開封後でも常温保存でも腐ることはありません。

冬場は常温でも気温が下がってしまうため比較的温度の高いキッチンのシンク上の棚や食器棚などが保管場所としてはお勧めです。

養蜂家おすすめ!結晶化したからこそ試してほしい食べ方

実は白く固まってしまったはちみつはそのままでもおいしく食べることができます。

おすすめの食べ方が「はちみつバター」。

作り方はとっても簡単で結晶化したはちみつと無塩バターを2:1の割合で混ぜるだけです。

はちみつの甘さとバターのコク、シャリっとした食感がたまらなくおいしいんです。

わざわざこのため結晶化させたいと思える美味しさですよ。

はちみつは固まってしまってもおいしく食べられる!

一度固まってしまったはちみつも上手に溶かして風味を逃さず美味しく食べることができます。

ポイントは低温で低温でゆっくり溶かすこと。

また固まった状態でもシャリシャリと独特の食感があり違ったおいしさを味わうことができますよ。

色々な食べ方で美味しいはちみつを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました